かふぇてりあ

日常系、はけぐち

ガルクレセVSガルクレセサザン

こちら:ガルガブクレセアローゲンガースイクン
相手:ガルガブクレセサザンエンテイゲンガー

相手はガルクレセの並びを見たらほぼガルクレセサザン基本選出のはず。
こちら選出:ガルガブゲン
型はベーシックな最速猫捨て身、襷剣舞、メガ滅びテンプレ。

1ターン目ガルガル対面。相手はグロパンを撃たれるリスクを消さなければいけないので猫、こちらも猫。同速勝負になるが負けてもいい。

2. 相手クレセバック、こちらのクレセ交代読みサザンバックに合わせてガブ投げ。
ここで捨て身タックルを撃たれてもガブの特性が擬似的にゴツメの代わりになるので削りを遂行できる。

クレセが出てきた場合剣舞逆鱗で削って裏のガルーラの圏内に入れる。
ガルーラの捨て身を受けた場合、相手は乱舞で回復してくるはずなのでクレセ引き読み剣舞。
ここだけ唯一択になるがここでつっぱる人もそうそういない。

ガブでクレセを削ってガルーラで落とす。
相手のガルーラが出てくるのでゲンガー引き、道連れ連打でガルーラ落ちor相手サザン投げサザン落ち。
サザンでガルーラを処理することはできないのでサザンに交代して落としてくるはず。

ラストガルガル対面。
こうすれば最悪同速勝負に追い込めます。




追記(9月):当時のバンビーパ(最速猫捨て身)を強く意識していたため秘密が考慮されていません。猫のダメージ量でABかは判別できますが、その後の対処法、ガルーラをクレセリアに一任して即引きするパターンに対応出来ていないためこの方法が用いられることはないでしょう。南無。
そもそも秘密の力を切った行動をしている時点で正気ではなかった(見返した感想)。。