かふぇてりあ

日常系、はけぐち

S14:ガルガブガッサガモス

※前のブログを消したのでこちらに移転しただけ


f:id:minasetaso:20160313000213p:plain
f:id:minasetaso:20160313000232p:plain
f:id:minasetaso:20160313000247p:plain
f:id:minasetaso:20160313000307p:plain
f:id:minasetaso:20160313000317p:plain
f:id:minasetaso:20160313000323p:plain

単体性能の高いポケモンを採用し、不利を取らせず押し切ることを目標とした構築。


個別解説

メガガルーラ@ガルーラナイト ようき
進化前:181(4)-147(236)-101(4)-X-102(12)-156(252)
進化後:181-175-121-*-122-167
技構成:猫騙し/捨て身タックル/冷凍パンチ/地震

対面性能を最大まで上げる猫+捨て身
対面からガブに勝てる冷パン
ラストはギルガルドヒードランに通り、非接触技である地震
不意打ちとの選択だが、サイクル構築ではないため催眠ゲンガーに対して隙を見せにくいので今回は見送った。
秘密ガルが多かったのでガルガル対面で最速がよく機能した。
ゲンガースイクンのようなゲンガーの道連れでガルーラを落としてくるような構築なら、ガルゲン対面は素猫したあと冷パン1回撃つと氷引いてワンチャン無償で落とせたりする。


ガブリアス@拘りスカーフ ようき
実数値:183(0)-182(252)-116(4)-X-105(0)-169(252)
技構成:逆鱗/地震/岩雪崩/寝言

VS対面構築やマンダ軸を想定してスカーフ。電気の一貫性を切る枠がボルトより速いと安心できる。
襷よりもゲンガーに隙を見せない点や自身が勝ち筋となりやすい点は本当に強かった。
VS対面構築における安定性を重視しているため意地スカガブ意識で最速、同族にも50%で勝てる。相手のガブに抜かれたことは一度もなかった。


化身ボルトロス@オボンのみ ずぶとい
HBベース、借り物につき実数値の記載は省略
技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/草結び

バシャゲンガースイクンに隙を見せず、マンダアローに後投げがきく電気枠。
草結びは自身の突破性能を高める悪巧みとの選択だが、カバやマンムーで止まることを危惧したため採用を見送った。地面に対して擬似的に崩しを行えるため結果的に正解だった。


メガゲンガー@ゲンガナイト おくびょう
進化前:135-X-80-182(252)-96(4)-178(252)
進化後:135-X-100-222-116-200
技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/道連れ/凍える風

ガルクレセへのメタ。
元々はパーティでキツいヘラやローブシンに最低限1:1を取れるHBSベースの道連れ催眠型にしていたが、催眠を撃つ頻度が高くなってしまい安定した勝ちを意地できなかったり、ガルーラが素秘密で麻痺を狙いにきたりしたので耐久を落として道連れすることにした。

ガルゲン対面で秘密麻痺を引いたとしても、次ターンは道連れの効果が残っているためメガ進化ノーマル技を撃ってくるのでヘド爆。バカにならない程度のダメージは入るのでガッサの先制技で落とせるようにはなる。

ガルクレセで、ゲンガーを火力で落とすためか初手鉢巻ガブをまあまあ見かけたのでこご風を採用している。役に立つ場面は非常に多かった。

あとから考えたら気合球でよかったなーと思った。

キノガッサ@きあいのタスキ いじっぱり
実数値:135-200(252)-101(4)-X-80-122(252)
技構成:タネマシンガン/マッハパンチ/剣の舞/キノコのほうし

対面性能めっちゃ高い
ガルクレセはガルーラをゲンガーで11取ったあとこいつで詰める。
ポリクチへの安定したメタでもあり、選出画面にいるだけで相手の選出を歪ませて読みやすくすることができる。
パーティ内で唯一の崩し要素である剣舞を採用し性能を特化させた。受けループへの突破手段でもある。
タネガンは運勝ちを呼び込むと同時に運負けも呼び込む、ガブはタネガンの機嫌しだいになってしまうのが辛かった。


ウルガモス@ラムのみor拘り眼鏡 ひかえめ
CS、借り物につき実数値の記載は省略
技構成:火炎放射/虫のさざめき/蝶の舞(眼鏡ならオバヒ)/サイコキネシス

今期序盤に叩きバシャーモが登場したが、メタが加速するにつれて対策されてしまった気がしたので個人的にバシャへの信用が地の底に落ちてしまった。

そこでバシャの枠自体を素でDが高くゲンガーに強めのコイツに差し替え。
技構成は命中安定の火炎放射
レパガッサ対策、クレセの打点となる虫のさざめき
等倍で入りやすく、バシャゲンガーへの打点となるサイキネとした。
サイキネのダメージは
無振りバシャ確1、C+1で167-125のHDベースメガゲンガーを確1 といった具合

また、特性の炎の身体はメガガルーラを筆頭とした先制技で処理しようとしてくる物理をワンチャン腐らせることができるので非常に強力だった。
パーティ内で唯一行動保障が約束されていないので選出は慎重にする必要がある。


最高2123
最終ゴミ

S14お疲れ様でした。